プロフィール

代表プロフィール

社会保険労務士 梅川貴弘

障害年金で生活費の不安を解消し、
あなたの未来を支える。

うつ病などの精神疾患で働きたくても働けず、生活費に困っている人を障害年金請求代行でサポートする社会保険労務士。

梅川 貴弘(うめかわ たかひろ)

みのり社会保険労務士事務所代表
うつ病等の障害年金サポーター

保有資格
特定社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー(CFP®)
所属
東京都社会保険労務士会(第1317346号)
専門分野
うつ病などの精神疾患を対象とした障害年金請求
プロフィール
1973年(昭和48年)生まれ、茨城県鹿嶋市出身。

詳細プロフィール

経歴

1973年(昭和48年)生まれ、茨城県鹿嶋市出身。

法政大学経済学部卒業後、飲料メーカーに就職。過酷な労働環境で同僚が次々と退職したことをきっかけに、ブラック企業でメンタルを病む人を助けたいと思い社会保険労務士になることを決意する。

社会保険労務士資格取得後は「回り道になるかもしれないけれど、患者様をしっかりサポートするために、医療に関する専門知識を身に付けたい」と思い、製薬業界へ転職。

MRとして約10年の経験を積む中で、薬理学、薬剤学、薬事法、医療制度、疾病と治療などの知識と医師への対応方法について徹底的に叩き込まれる。

そのような毎日のなかでも「いつかは社会保険労務士としてうつ病等で悩む方たちをサポートしたい」という気持ちを忘れたことはなく、2011年8月に「みのり社会保険労務士事務所」を開業。

うつ病などの精神疾患を抱えて、働きたくても働けずに困っている人たちに向けて障害年金の請求代行サポートを開始する。

現在は、社会保険労務士5名、日本年金機構勤務経験者4名、医療機関勤務経験者1名の専門チームで、全国のうつ病等で悩む方々の障害年金請求手続きを支援している。

仕事へのこだわり

「安心して相談できた」「相談して良かった」と言ってもらえる存在になるために、話しやすい雰囲気づくりを大事にしている。

また、できるだけ早く不安な状態を解消できるように、ご相談者様をお待たせすることなく、最短の障害年金請求を心掛けている。

ビジョン

現在の仕事を通じて、障害年金制度を知らずに苦しんでいる人たちが障害年金を活用できるようにすることで、病気で働きたくても働けない人たちが不安なく生活できる世の中にしていくことが目標。

趣味

趣味はフルマラソンとテニス。

実績

業務実績

・相談件数:3万件
・請求件数:累計3,500件超(毎月40~50件)
・受給率:97.6%

著書

障害年金相談対応マニュアル(新日本法規出版):障害年金に関する多様な相談対応や請求手続き等をわかりやすく解説した一冊。

プロフィール

お問合せ

何かご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問合せください。
当事務所の専門スタッフが丁寧に対応いたします。

0120-940-468

平日9-17時

対応地域

全国対応